界面活性剤について



どうもこんにちは~(^o^)丿
前回のブログで暑いと言っておりましたが、



今週は・・・
なんさん寒い!!((;゚Д゚)) ガクガクブルブル



※「なんさん」とは熊本弁で「とても」「とにかく」「とりあえず」
などの意味で使われます(゜_゜>)スチャッ


さて、今週は前回の内容に引き続き
「界面活性剤」について書いていきます。



界面活性剤とは

防腐剤と同じくらい、配合を懸念されるのが界面活性剤です。

では、界面活性剤とは一体なんなのでしょうか。

そして、どういったときに必要となるのでしょうか。


8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s



■界面活性剤について



界面活性剤を簡単に説明すると、

〝本来なら混ざり合わない物資を、混ぜる〟

ものです。


分かりやすいもので言うと、水と油ですね。

では、界面活性剤はどんなものに必要とされるのでしょうか。

界面活性剤の持つ特徴から見ていきましょう。



【乳化・分散】

混ざり合わないものを混ぜる働きです。
化粧品でいうと乳液に使用されていることが多いです。



【保潤・浸透】

例えば葉っぱに水をふきかけると、水玉になり、水分は広がりませんが、
界面活性剤を入れることで、水の表面張力が弱まり全体に広げることができます。

この働きを活かして、農薬や塗料などにも使用されます。


【洗浄】
汚れた食器を、界面活性剤を溶かした水に入れると、
界面活性剤は食器と油汚れとの間に入り込み、油汚れを浮かせます。


浮いた油汚れは水中でその表面を界面活性剤で覆われてしまうため、
再び食器に付着することが出来なくなり、食器はきれいな状態に保たれ、洗浄されます。


これが界面活性剤の洗浄作用です。

シャンプーなどにも同様のことが言えます。



その他にも、柔軟性を与えたり、滑りを良くしたり、
帯電防止・防錆・殺菌、染め物の
〝染めムラ〟・色落ちを防ぐなどの働きもあります。


このように、界面活性剤は私たちの便利な生活に多く関わっています。



■界面活性剤の種類

界面活性剤と一言で言っても、その種類はさまざまです。

一番身近な界面活性剤は石けんですね。
石けんは〝天然の界面活性剤〟と言われていますが

〝人がつくりだしたもの〟

と考えると「天然」とは少し違ってくるのかもしれません。


成分表示のルールを交えながら、合成成分について案内してきました。


さまざまな技術が進歩していても、それが肌に合わなければ、
使えないし、天然成分にこだわっていても、
天然だから肌に合うというわけでもありません。


どの化粧品メーカーもそうですが、
わざと皮膚刺激などを引き起こさせる商品をつくることはありません。


大切なのは、合成成分を使っている使っていないかではなく、
販売している側が、正しい情報をきちんと伝え、それによって、


使い手が正しい情報を元に本当に肌に合ったものを選べているか、


のような気がします。



化粧品

化粧品の成分



みなさまこんにちは(*´﹀`*)
最近の熊本は、もう10月というのに
暑い日が続いております・・・(⦿_⦿)



ですが私ながひー・・・
風邪をこじらせてしまいました(-_-;)
みなさま体調管理にはお気を付け下さいませ_(._.)_


さて、化粧品を手にとって、よく見かけるのが
「無添加」、「防腐剤」、「界面活性剤」
これらの言葉、よく目にしますよね!


今回は、化粧品の成分についてご紹介していこうと思います☆



無添加の曖昧

オーガニック

「無添加化粧品」「無添加石けん」「無添加シャンプー」など、
無添加=天然・オーガニック・肌に優しいなどをイメージさせます。。。


消費者を安心させる「無添加」という魔法の言葉には、少し、からくりがあります。


以前は、化粧品などの成分表示は、
皮膚刺激の可能性が高い成分=「表示指定成分」の表示のみで、
表示指定成分に当てはまらない成分は表示義務がないとされていました。


つまり、表示指定成分を使っていない化粧品 が「無添加」と言われていただけで、
合成成分を使っていないということではなかったのです。


現在は、表示指定成分に限らず、全成分を表示させる義務があります。


そのため「無添加」という言葉を使うためには「パラベン無添加」や
「香料無添加」「着色料無添加」のように、
〝何が無添加〟
なのかをはっきりと分かるようにしなければなりません。


しかし、昔の名残や、企業側の戦略によりつくりだされた無添加のイメージが、
いまでもなお、定着しています。
「無添加」という言葉を見かけたら、イメージに流されるのではなく
〝何が無添加なのか〟
企業側が、きちんと表示義務を果たしているのかもチェックしてくださいね☆




合成成分を使う理由

00c8b0d0fb9909989744794b845ab411_s

一番の理由は、成分・製品を安定させることにあります。
どんなに、天然成分にこだわってつくった商品であっても、
早い段階で腐敗してしまっては、商品として販売することはできません。
(成分構成によっては、防腐剤が必要ないものもあります)


また、天然成分よりも使用感が良いものもあったり、費用を抑えることができるなどのメリットもあります。


合成成分といっても〝何を由来としているか〟は、さまざまです。
また、人の肌は季節や体調によっても、触れるものに対しての反応は変わってきます。
なるべくなら避けたい合成成分があるのも事実ですが、


合成成分だから絶対ダメ、
天然成分だから肌に優しくて当然


ということにはならないのです。




防腐剤の必要性

配合を嫌がられる代表的な合成成分が「防腐剤」です。
そして、防腐剤として有名なのが
〝パラベン〟。


パラベンは、以前、表示義務があった「表示指定成分」に含まれていたため、
認知度の高い防腐剤のひとつです。


表示指定成分であったことから、皮膚刺激を考えて、
配合を望まない方は多くいらっしゃいます。
しかし、商品として販売する以上、
すぐに使えなくなってしまうものを提供するわけにもいきません。


肌にとっては必要のない防腐剤。
商品によっては、必要となる防腐剤。


肌に優しい素材だけで商品を安定させるというのは、
化粧品メーカーにとって、永遠のテーマなのかもしれません。

8e53c3493d3864340705b34f6feb283a_s


次回は〝界面活性剤〟についてお届けさせていただきます(ɔ ˘⌣˘)˘⌣˘ c)

洗顔は必要?不必要?

洗顔は必要。。。?

○×


まず、必要か不要かで言うなら、「必要」です。

でも、たまに、水や、ぬるま湯で洗う程度で充分
と言われる方もいらっしゃいますよね。

これは、間違った考えではないですが
〝肌質や時と場合による〟と付け加えたほうが、より正確です。

まず、顔を洗うのに〝洗顔料は必要ない〟
とする説に共通しているのは、
【洗顔】の最大の弱点である
〝肌に必要な潤いや皮脂まで落としすぎる〟
という点があげられます。


一方、洗顔料を使用した〝しっかり洗顔〟を推奨する説に共通しているのは、
〝毛穴に汚れが溜まったままにしておいてはダメ〟
だとか〝お肌の新陳代謝を鈍らせる〟などがあります。


どちらの説も正しく間違いではありませんが、
例えば、肌が弱く乾燥しがちな人が〝しっかり洗顔〟
を続けると、お肌はますます乾燥し、それを補おうと
過剰に皮脂を分泌するなどのトラブルにつながりかねません。

またその逆で、しっかり化粧をしている時に、
化粧残りするような軽い洗顔は、さまざまな肌トラブルにつながります。

多くの方が、洗顔は、朝と夜に1回ずつ行うと思うので、
朝と夜では洗顔方法を変えたり、
洗顔後の乾燥具合によって洗顔料を使い分けるなど
〝時と場合洗顔〟が一番良いように思います。


肌質別、洗顔のススメ

【乾燥肌・敏感肌】

洗浄力が強すぎる洗顔料はなるべく避けたほうが良いでしょう。
〝石けん〟は、肌に優しいですが、意外と脱脂力が強いです。
乾燥肌の方で「石けん」を使う場合は、
石けん選びも重要なポイントになります。

朝:洗顔料を使わずにぬるま湯で洗い、なるべく短時間で終わらせましょう。

夜:洗顔料を使いますが、皮膚が薄く乾燥しやすい目元や口元は最後に優しく洗います。
なるべく短時間ですませます。

朝も夜も、洗顔後すぐに保湿を行いましょう。


【脂性肌・混合肌】

混合肌の方は特に〝どの部分が脂っぽくなっているか〟を見極めるのが大切です。

朝:洗顔料を使用しても良いですが、Tゾーンを中心に洗い、
あまり脂っぽさが気にならない場所は水(ぬるま湯)洗いだけでも充分です。

夜:蒸しタオルで毛穴を開かせた後、通常の洗顔を行います。
たっぷりの泡で、肌をこすらないよう優しく洗いあげましょう。

石けん系アミノ酸系

せっけん

【石けん系洗浄剤】

肌にも環境にも優しい石けんですが、脱脂力が強いため、
乾燥肌の方にはあまり向きません。
脂汚れに強く、さっぱりとした仕上がり感になります。

お肌が弱酸性であるのに対し、石けんは〝アルカリ性〟ですが肌は自らの力で、
また、弱酸性に戻っていくので大きな心配はないようです。
但し、敏感肌の方は弱酸性の洗顔料のほうが良いかもしれません。


【アミノ酸系洗浄剤】

穏やかな洗浄力ですが、肌を乾燥させにくく、なめらかに洗い上げます。
しつこい脂汚れは落ちにくかったり、石けんよりもさっぱり感に欠けますが、
乾燥肌や敏感肌の方にはおススメです。
お肌のpHに近い、弱酸性であることが多いです。



咲水で潤い洗顔♪

〝洗顔〟というと、さっぱり感やツルツル感、すべすべ感などやはり
【爽快感】を求められ事が多いですよね。
しかし、お肌に必要な〝潤い成分〟は、
洗顔料を使わずに水で洗い流しているだけでも失われていきます。

そう考えたとき、〝洗顔〟に爽快感だけを求めるのは
本当に正しいことなのかと疑問を抱き、
肌に優しく、潤いが残る洗顔料はできないか…
と、開発されたのが、新商品「咲水スキンケア洗顔料」です。

咲水シリーズではお馴染みの〝水前寺海苔〟〝阿蘇の天然水〟に加え、
ヒアルロン酸よりも保湿力が高いとされる〝シロキクラゲエキス〟や、
お肌を整えてくれる〝ローズマリー葉エキス〟なども配合しました。

また、洗浄剤には、不要な汚れは落とし、潤いは残るよう、アミノ酸系のものを選びました。

これなら、毎日の洗顔に使えますね♪

〝咲水洗顔〟

ぜひお試しあれ。

タオルと花

おぐねぇ~ビューティートークショーにて(*˘︶˘*)

こんにちはヽ(*´∇`)ノ

前回のスキンオイルの投稿で、”ブースター”のことを書いたのですが、
以前、弊社も参加した『おぐねぇ~さんのコスメトークショー』でも

オイルで肌を柔らかくして、そのあとに美容液をつけることが効果的

といっていました!

雑誌でもよく見る、いわゆるブースターのこと
のようです。(`・ω・´)キリッ


ブースターとは。。。
固くなった角質層の奥の奥まで浸透し、肌をやわらかく甦らせる効果があるオイルや美容液のこと。
そのしくみはアイテムによって様々ですが、近年ではブースター美容液といって、
肌のpHをコントロールすることで肌をやわらかくするものもあり、
『先行美容液』『美容液導入コスメ』などの検索でヒットします。


肌が吸収しやすい土台をつくることが大切なんですね。
専用のブースターも気になりますが
普段使っている保湿オイルでも
良いことは大変参考になりました
(おぐねぇ~さん、ありがとーヽ(*´∇`)ノ)


せっかくの美容液ですから
皆さんもぜひ
効果を最大化するには、ブースター

お試しください。

早速わたしは、弊社の
『リマーユスキンオイル液状』
ではじめましたよ!
オイルでマッサージもできるし!
一石二鳥!

s_IMG_0001


スキンオイル活用術♪

今回のテーマは9月にリニューアルした「リマーユスキンオイル」活用術です!(^^)!
上手に馬油を使って、1年を通した潤い肌をキープしましょう!♪!♪

rimayu_main


顔に使う場合、朝と夜では、つける量を変えましょう。
量はお好みで調節しても大丈夫ですが、目安として、
■朝→小豆1~2粒分
■夜→小豆2~3粒分
となります。



【朝(お化粧前)】
お化粧水で水分補給します。
       ↓
小豆1~2粒分のスキンオイルをとり、手になじませます♪
       ↓
手のひらについたオイルを顔にのせていきます。
(テカりやベタつきが気になる時は、ティッシュで軽くおさえます)
       ↓
お化粧をする場合は、この後に下地クリームをつけて通常のお化粧をしてください☆



【夜(お風呂上がりや寝る前)】
お化粧水で水分補給します。
       ↓
小豆2~3粒分のスキンオイルをとり、手になじませます♪
       ↓
朝も夜もより保湿効果を高めるなら、お化粧水を使うことをおすすめしていますが、
洗顔直後や、お風呂上り直後なら化粧水なしで使ってもOKです☆



裏ワザ?!
基本的には、化粧水→馬油の順ですが、馬油のベタつきが気になる時は馬油→化粧水の順でもOK!
いわゆる’’ブースター’’としてもお使いいただけます♪
馬油が〝軽い〟感じになりますよ。
馬油そのものが浸透力に優れているので、先につけても、化粧水の浸透を邪魔することはありません(*^_^*)

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s

【手】
【爪先・指先に】
爪先(指先)、手の甲、腕、ひじの乾燥、手荒れ予防に使えます。
お顔のスキンケアで、手に余ったオイルを、そのまま手のケアに使ってもOK。
また、水仕事の前後に使うと、手荒れ防止にも(^o^)!!
お風呂上がり後がケアのベストタイミングですよ♪



【デコルテ】
首から胸元にかけた部分を「デコルテ」と言います。
年齢が出やすいことからか、最近、デコルテ部分のケアも、注目を集めています。
リマーユスキンオイルを使った、デコルテマッサージケアで美しい「デコルテ」をつくりましょう(^^)



【足裏・かかと】
足裏(特に、かかと)やスネ、太もも、ひざのガサガサ、乾燥予防に使えます。
特にかかとは、さまざまな刺激により角質化しやすいです。
一度、カチコチになったかかとは、なかなか元に戻りません(@_@)
日ごろのケアを心がけましょう(^.^)



【背中に】
背中の乾燥は’’カユミ’’にもつながりやすいので、化粧水とオイルで保湿をしましょう。



【お尻(足の付け根)に】
汗をかきにくく、皮脂も分泌しにくい上に、イスに座ったりと乾燥しやすい部分です。
お風呂上がりのタイミングで馬油をぬりましょう。



【肩こりマッサージに】
オイルで指のすべりをよくして、保湿しながら、コリをほぐしましょう♪



【その他】
顔、デコルテ、手足の他にも、乾燥が気になる部分にお使いください。
いずれも、化粧水で水分補給した後につけると、保湿力が高まりますよ(*^_^*)

830cefbf19a6a921b09146c2f0817098_s

取材に行ってきましたー\(^o^)/

こんにちは!!

今回、一般社団法人-fpランド-ペリネコンディショニングスタジオの
辻陽子先生のもとに取材へ行って参りました(^o^)♪

私、ながひーも初取材でしたので緊張していましたが、
現場は女性ばかりでとてもアットホームな雰囲気の中、取材をさせていただきました。
辻先生は、産後のコンディショニングサポートや尿漏れのケア、サポートなどを
指導してらっしゃる先生で、とても気さくで優しい先生でした(*^_^*)

KIMG0202

○産後のボディーケア
○デスクワーク等で姿勢が悪くなっている
○尿漏れをなんとかしたい
○ポッコリお腹を解消したい

などお悩みの方は必見です☆

詳しくは、10月発行の会報誌「よりみち。」でご覧になってください(^_^)/
定期加入いただいている方限定なので、ぜひ定期お申込みお待ちしております♪

KIMG0208

辻先生からもフェイスブックで取材の様子を投稿していただいています!(^^)!
こちらもチェックしてくださいネ☆

オイルいろいろ

これから乾燥の季節・・・・

乾燥

乾燥対策にかかせないものといえばオイルやクリームなどのスキンケアアイテムですよね!
そこで、今回はいろんなオイルアイテムを調べてみました。


【馬油】
当社の〝リマーユ〟でもお馴染みの「馬油」は、動物性の油でありながら、
ヒトの皮脂に近く、ベタつきが気になりにくいのが特徴。昔から親しまれてきた、民間薬に近い素材です。
肌の上に乗せると肌に浸透してしまうので、油なのですが、すぐにサラサラになります♪
また、馬油というとなんとなく匂いが・・・と思われる方もいるかと思いますが、
当社の製品は匂いも気になることなくお使いいただけますよ♪

当社商品→’’リマーユシリーズ’’、’’ベ・マンシリーズ’’に配合されています。

【椿油】
どちらかというと、ヘアケアオイルとして知られています。
独特な香りがあるので、好みは分かれるかもしれません。
酸化しにくく、軽い、紫外線防止の効果もあるそうですよ。
紫外線からくるヘアダメージ予防にも良さそう♪

【オリーブオイル】
スキンケアに用いるときは、きちんとそれ用に精製されたものを選ぶのが◎。
ダメではありませんが、食用のオリーブオイルをスキンケアに用いるのは避けたいところ。
クレンジングオイルにもよく使われている素材です。

【アルガンオイル】
最近流行りのオイル。「アルガン」とは、モロッコの砂漠にだけ生育する植物。
数年間、雨が降らなくても枯れないとされ、栄養や水分が蓄えられているのだとか。
スキンケア・ヘアケア両面で、効果が期待でき、今、注目のオイルです。

当社商品→’’リマーユオイル液状’’に配合されています。

【スクワランオイル】
アレルギーや副作用の可能性が低いとされ、アトピー肌や敏感肌の方でも使いやすいのが特徴です。
主に、深海鮫の肝油から摂れる「スクワレン」を加工したものになります。
凝固・酸化しにくいため、工業用にも用いられます。

当社商品→’’リマーユオイル液状’’に配合されています。

【ホホバオイル】
アメリカ南西部からメキシコ北部に自生しているホホバの木の実から摂れます。
ビタミンEの抗酸化力に加え、抗菌力もあるそうで、オイルでありながら、
ニキビ肌の方も使いやすいのが特徴です。

いかがでしたか(*^_^*)?
みなさんも自分の目的にあったオイルをチョイスされてくださいね☆

オイル

ひじ・ひざ・かかとのケア

はじめまして、web担当のながひーです☆

これからブログを担当していくこととなりましたのでよろしくお願いします(^o^)丿♪

少しずつ、涼しくなってきましたね~

夜風がふくと、秋を感じる今日このごろです、、、

dd48572e748d6d98849f87cd54a33450_s

秋になって、ひじ・ひざ・かかとが露出するような格好はあまりしないと思いますが、
これからの季節、いかにお手入れを怠らずに過ごすかが重要です。。。
来年の春~夏にかけて、人に見られても恥ずかしくない、ツルツルお肌でいるために、、、
顔のお手入れついでに、ひじ・ひざ・かかとも毎日お手入れしましょう☆
毎日できるカンタンお手入れ方法を交えながら、ご紹介していきます。
ぜひ、参考にしてくださいね♪

そもそも、角質とは・・・??

ヒトの皮膚は、絶え間なく細胞分裂を起こし、新しい皮膚が生まれています。
古い皮膚は表面へ押し上げられていき、表面に出てきた層が細胞活動を停止、水分を失って角質化していきます。
部位によっても角質化しにくいところ、しやすいところとあり、きちんと剥がれ落ちていく古い皮膚が、
いわゆる「垢」で、剥がれおちず残った皮膚が「角質」となります。

角質は、ケラチンというタンパク質からできていて「皮膚の表面の死んだ細胞」
と表現されることもありますが、きちんとした役割をもっています。
ひじやひざ、かかとは特に、さまざまな刺激や衝撃を受けるので、
角質化することで、肌の内部の「真皮」を保護しているともいえるのです。

そうは言っても、角質のたまりすぎは、見た目にも美しいわけではありませんし、かかとの角質はニオイの原因になることもあるようです(-_-;)

なぜ、角質化しやすい??

【ひじ、ひざ】

「ひじ」や「ひざ」は、他の部分の肌と比べて、毛穴や皮脂腺の数が少なく、乾燥しやすい部位です。

そのうえ、頬杖をついたり、ひざを床につけたりと、日常の動作の中で刺激を受けやすいため、
皮膚の防御機能が働き角質が厚くなりやすいのです。
その結果、ガサガサしたりゴワついたり、黒ずみが出来やすくなってしまいます(@_@;)

【かかと】

長時間の立ち仕事や、激しい運動など、足の裏の皮膚には摩擦や圧迫などの負担が強くかかっています。。。

足の裏は特に角質を滞留しやすく、角質が厚くなることで、
内側の水分を含んだ新しい細胞が表面上に出ていけず、乾燥がさらに進みます。
また、靴下やストッキングでの摩擦、素足にサンダルなども水分が奪われて、
乾燥→角質の滞留へとつながる原因となるのです。

最高のひじ、ひざ、かかとを目指すなら、”リマーユスキンオイル”がおすすめです☆♪☆♪

この”リマーユスキンオイル”今年の9月にリニューアルしました(^o^)/

お肌になじみやすい馬油のジェル状保湿オイルで、顔から全身にお使いいただけます!
しかも界面活性剤不使用、防腐剤、保存料無添加なんですよ~。
これさえあれば乾燥しらずです(*^_^*)

これからの季節に向けてスキンケアを頑張っていきましょう☆

☆第3工場竣工記念☆

本社・第2工場に続き…第3工場が出来ました\(^o^)/
 
そして、、、
 
 
 
2015.11.3 文化の日。
 
リバテープ製薬・第3工場の竣工を記念して、
従業員や従業員の家族を対象とした
 
『感謝祭』が開催されました(●^o^●)
 
イベントでは、
 
リバテープ(絆創膏)を使った
実験コーナーや、
 
工場見学ツアー、
 
商品直売会に、
 
縁日コーナー、
屋台コーナー、
セグウェイ試乗など、
 
大人も子供も楽しめる
内容盛りだくさんで、、、
 
また、
 
天気も良く、とても良い1日となりました☆
 
私は、直売対応に追われていたので^^;
あまり、写真を撮ることが出来なかったのですが、
 
仕事では見られないスタッフの笑顔や、
 
ご家族みなさんの笑顔などがあふれていて、
 
とても、アットホームな温かい雰囲気のイベントと なりました♪
 
いずれは、 一般のお客様も招待できるような
イベントできれば良いなぁ~
 
・・・なんて。
 
 
 
 
2015113.jpg

☆台風一過☆

昨日は、台風15号の影響により、
会社が、電気・電話がつながらない状況になり、
急きょ、臨時休業とさせていただきました。
 
お急ぎのご注文やお問い合わせをいただいていた方へは
ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでしたm(__)m
 
 
本日は、通常通り、営業しておりますので、
メールでいただいていたご注文・お問い合わせにつきましては、
順次、対応させていただきます\(^o^)/
 
 
それにしても、、、
久々に、台風が怖い!と感じました(@_@;)
 
家は揺れるは、
 
ベランダの屋根はもって行かれるは・・・。
(我が家のベランダ状況は写真の通り…^^;)
 
通勤道も、木がバッキバキに折れていたり…。
 
自然の力には敵いませんね( ̄ω ̄;)
 
 
veranda.jpg