ヘアシャンプー&トリートメントセット

-->

初めての方はこちら

既に利用している方はこちら

ただの美容液では終わらない

シャンプーの方はこちら

楽天:楽天ポイントをお使いの方はこちら

Tポイントをお使いの方はこちら

amazon:お急ぎの方はこちら

auポイントをお使いの方はこちら

くまもと良いモノ、届け隊

ギフトセット

綺麗になったみんなの体験談を聞いてみよう♪

スキンケア・ヘアケアの製造のプロがキレイな明日をお届けします。

第4回目のテーマ「頭皮の老化、たるみ」

見えにくい頭皮の老化。

〝たるみ〟は、老化サインの一つです。
普段から目にする顔や手、首ラインのお肌の〝たるみ〟には気づきやすいですが、
頭皮も〝たるむ〟ことを、意識したことはありますか?
もしかしたら、頭皮のたるみがお顔のたるみにつながっているということも…。
頭皮の老化を予防することは健やかな髪の毛を育てる基本であるとともに、顔のたるみを予防する〝アンチエイジング〟にも期待が持てます。
今回も最後までお読みいただき、健やかな頭皮、髪の毛づくりのお役に立ててくださいね。

女性のイラスト

頭皮老化の大きな原因。

皮脂腺の多さや厚みなどに違いはあっても、基本的な“皮膚の構造”は、顔のお肌も頭皮も同じです。
顔のお肌がたるむ原因は、頭皮にも当てはめることができます。

紫外線
肌老化の大部分を占める「紫外線(光老化)」は、頭皮にも悪影響を及ぼします。
波長が長く真皮まで届いてしまう〝紫外線A波〟は、弾力の元となっているコラーゲン・エラスチン繊維を破壊してしまいます。髪の毛で守られている頭皮ではありますが、紫外線対策も大切になります。
血行不良
血液は酸素や栄養をカラダのすみずみに運ぶ重要な役割を担っています。そんな血液の動きが鈍ってしまったら…。
お肌(美容)もカラダ(健康)も、血液の巡りは、さまざまな面をサポートするために、重要なのです。

◇手湿疹にならないために~「予防」心がけ~◇

常に意識したい「紫外線予防」

◯頭皮が浴びる紫外線量は2倍?
時と場合によりますが、紫外線が当たりやすいのは顔よりも頭頂部です。
真実の程は分かりませんが、浴びる紫外線量は、顔よりも、2倍とも3倍ともいわれています。 これが本当なら、髪の毛で守られているとはいえ、
油断できないですよね。
◯日傘、帽子の活用
肌が弱く日焼け止めを好まない方は、やはり、日傘や帽子の活用が有効手段です。
◯外出時間に気を付ける
午前10時~午後3時にかけて、紫外線量はピークに。
なるべくその時間帯の外出、長時間、陽の当たる場所にいることは避けましょう。

イラスト

◆ 顔筋体操で頭皮イキイキ! ◆

◇頭皮老化の影響はこんなところにも?!◇

髪の毛のうねり

昔はストレートだったのに、年齢を重ねるとともに、髪の毛がうねってきた!
という方は、脂質不足や頭皮の衰えが原因かもしれません。

:脂質不足:
髪の毛は約80%のタンパク質、約13%の水分、約5%の脂質で構成されています。
このバランスが崩れると適度な水分量を保てなくなり、髪がうねりやすくなるそうです。
紫外線、熱、摩擦といったダメージで水分を保つために役立つ脂質が失われやすくなり、また、頭皮が衰えると十分な脂質を含んだ髪を作れなくなってしまうのです。
:頭皮の衰え:
加齢とともに弾力を失うと、厚みも薄くなっていきます。
厚みがあり、ふっくらとした頭皮は毛穴がまっすぐで生える髪の毛もまっすぐですが、衰え薄くなった頭皮の毛孔は曲がり、湾曲した髪の毛が生えやすくなります。
よく「頭皮が硬い」とか「頭皮が動かない」という表現をされることがありますが、これは頭皮が薄くなり弾力を失っている状態かもしれません。

イラスト

髪の毛が傷んだり、艶が無くなったりすると、ヘアケアだけに気がいきがちですが、頭皮ケアをすることも大切です。
髪の毛を生やす「頭皮」の健康を考えた生活を送りましょう。

頭皮ケアが気になる方に。リバテープ製薬オススメ頭皮ケアシャンプーはコチラ!

スカルプシャンプー商品写真

頭皮ケアを考えた爽快シャンプー!リマーユスカルプシャンプー

頭皮環境を整えることを第一に考えた、製薬会社ならではのシャンプーです。アミノ酸系洗浄剤で優しく頭皮の汚れを落としながら、馬油でうるおいを与え、皮脂の過剰分泌をおさえるので、加齢臭をはじめとしたニオイ対策にも期待が!

オススメポイント

初回定期ご加入時は定価の半額!詳しくはこちら