救急絆創膏や消毒薬といった外用薬を中心に化粧品・医薬品の製造・販売のリバテープ製薬株式会社

スタッフ紹介:リバテープ製薬のスタッフをご紹介いたします

よりみち

夏は紫外線量が一年で一番多くなる季節。「毎日、日焼け止め塗ってるから」「外出してないし…」「まだシワになってないから」と甘く見ていると、後からコワ?イ“しっぺ返し”が来るかもしれません。正しい紫外線対策で、夏の紫外線から肌を守りましょう。

紫外線はなぜコワイの?

紫外線がコワイのは、肌の老化を早め、シミやシワの原因となるから。肌老化の原因の80%が紫外線という調査結果もあるほどです。きちんとした対策をするかしないかで、5年後、10年後の肌に確実に差が出ます。
紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)の2種類があり、いずれも肌老化の原因とされています。

イラスト

シミに
肌を守るメラニンがシミの原因に

紫外線を浴びると、肌を守るために肌自身が「メラニン色素」を発生させます。通常、メラニン色素は体外に排出されますが、紫外線の量が増えると、メラニン色素の量も増え、肌内部に残ってシミとなります。

イラスト


紫外線で肌の基礎がガタガタに…

真皮に届くA波の影響で、肌の基礎をつくるヒアルロン酸、コラーゲンが破壊され、張りがなくなります。そのため表皮を支えられなくなり、シワやたるみとして表れます。

イラスト

紫外線は、暑さ、まぶしさがないことをご存知ですか?「浴びている」と実感しにくいのが紫外線の罠。以下のケースも気を抜かず、「うっかり焼け」を防止しましょう!

こんな時も油断

case

紫外線量は、曇りの日でも晴れた日の6割を超えます。また紫外線量は冬でもゼロになることはありません。気候・季節に関わらず対策を!

イラスト

case

紫外線のうち、A波はガラスを通過してしまうので、車中や部屋の中にいたとしても油断できません。

イラスト

case

日陰にいても、紫外線が地面や建物などに反射して当たってしまうことが。 また、涼しくても、山など標高の高い場所は、紫外線量が増えるので要注意。

イラスト

case

日陰にいても、紫外線が地面や建物などに反射して当たってしまうことが。 また、涼しくても、山など標高の高い場所は、紫外線量が増えるので要注意。

case

洗濯物を干したり、近くへ買い物など、ちょっとした時間でも肌はダメージを受けてしまいます。

memo

日焼け止めマスターになろう!

紫外線対策のマストアイテム、日焼け止め。SPF値が高いものを…と思いがちですが、数値が高いと肌への負担も大きくなります。TPOに合わせたセレクトを。また、説明にある使用量を守るのも重要。少なめに塗ると効果がグンと下がります。

日焼け止めについて

SPF

50まであり、数値が高ければ効果も高いとされますが、普段使いならSPF値20程度を目安に、こまめに塗り直す方が◎

+?++++まであり、「+」の数が多いほど効果も高いとされます。普段使いでは++?+++程度でOK

毎日のケア

どんなに気をつけていても、少しの時間で蓄積される紫外線ダメージ。肌への影響をできるだけ少なくするために、予防だけでなく、肌を健康に保つための「ケア」が重要です。

美白成分入りの美容液でたっぷりうるおい補給!

シミの原因となる「メラニン色素」の製造にブレーキをかけるのが美白成分。できてしまったシミを消すというより、これからのシミを予防する役割を持ちます。まずは美白成分の入った化粧水や美容液を普段使いして、シミの予防を!

美白成分の例
ビタミンC誘導体
ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの。肌のターンオーバーを促してメラニンの排出を促進。抗酸化作用を持つため、アンチエイジングやニキビなどの炎症の防止にも。
プラセンタエキス
動物の胎盤から抽出された成分。アンチエイジング効果も期待できます。
その他
アルブチン、コウジ酸、ルシノール、トラネキサム酸など

緊急ケア

「対策をしていなかったのに、紫外線を浴びちゃった…」。そんな時はあきらめずにアフターケアを!

緊急入らすと

お肌は紫外線に当たった後、4?5時間で赤くなり、24時間後に赤さがピークに。3?4日経つとメラニン色素が増え、肌がくすみ始めます。だからこそ、メラニン色素ができるまでの3日間(72時間)のうちに徹底的にケアすることが重要です。美白美容液&短期集中の美白バックなどを、普段以上にぜいたくに使い、メラニン色素がシミになるのを防ぎましょう。
【注意!】化粧水がつけられないほど肌がヒリヒリしているなど、症状がひどい場合は、速やかに皮膚科に相談しましょう。

シートパックもオススメ

保湿成分や美白成分がたっぷりとしみこんだシートパック。肌に蓋をして、じっくりと肌に美容成分を与えるので、特別ケアに最適です。洗顔後、化粧水などで肌を整えてから使用し、使用後に乳液やクリームなどの油分で肌に蓋をすると、効果がアップします。

シートパックの注意点
長時間のパックは、かえってシートがお肌の水分を奪うのでNG!だいたい10分以内が目安です。

おすすめイラスト

忘れずに
“日焼け止めを落す”ことも大切なケアです。

日焼け止めは紫外線を防いでくれる反面、肌に負担をかけてしまいます。日焼け止めを落とさずにいると、肌が荒れてガサガサになるばかりか、毛穴が詰まって吹き出物ができてしまうことも…。一日の終わりには、面倒でも、必ずしっかりと落しましょう

落し方

洗顔フォームをしっかり泡立て、こすらないように泡になじませてから洗い流します。ウォーターブルーフなど、落ちにくいタイプの場合は、洗顔フォームで洗う前に、クレンジングオイルや専用クレンジングの使用がおすすめです。

memo

体の内側からも紫外線ケアを!

紫外線に強い肌になるには、内側からのケアも大事。毎日の生活を見直してみましょう。

写真:フルーツ

食事

シミを防止するとされるのが、かんきつ類・ブロッコリー(=ビタミンC)、アボガド・ナッツ・大豆(=ビタミンE)、にんじん(=βカロチン)など。積極的な摂取を。

写真:フルーツ

食事

お肌の代謝が進む夜10時?深夜2時の間はしっかり睡眠を。睡眠不足が続くとメラニンが増えやすく、シミの原因になります。

紫外線で傷んだ肌を優しくケア

紫外線ダメージを受けた肌には、やさしいケアが必要です。スイゼンジノリからできた保湿成分 「サクラン」で、やさしく肌を包み込む咲水シリーズは、ダメージ肌のケアにぴったり!洗顔、補水、保湿の3ステップで、紫外線に負けないお肌づくりを。

咲水スキンケア洗顔料

発売したばかりの新商品「咲水スキンケア洗顔料」。 お肌に負担をかけない、ふわふわ、もちもちの泡洗顔ができると、嬉しい声が届いています。泡で包み込むように洗うため、紫外線ダメージを受けたお肌にも安心です。

定価:1本2,160円(税込)
容量:1本120mL ※約1?2ヵ月分

step1 洗顔

咲水スキンケア洗顔料

ヒアルロン酸の約5倍以上の保水力を持つ、スイゼンジノリ多糖体(サクラン)を使用した化粧水。お肌の表面にうるおいの膜をつくることにより、肌理が整い、紫外線に強いお肌へと導きます。余計なものを一切使わないシンプル処方で、敏感肌の方にもぴったりです。

定価:1本3,780円(税込)
内容量:1本150mL ※約2ヵ月分

step2 補水

咲水スキンケアジェル

スイゼンジノリ多糖体を、咲水スキンケアローションの約1.5倍も配合し、保湿にこだわったジェル。化粧水+乳液+美容液+パック+下地と、オールインワンのスキンケア製品です。

定価:1本3,780円(税込)
内容量:1個 50g ※朝晩の使用で約1ヵ月分

step3 保湿

美白効果も期待!咲水スキンケアジェル