救急絆創膏や消毒薬といった外用薬を中心に化粧品・医薬品の製造・販売のリバテープ製薬株式会社

よりみち

お肌や髪に起こる“夏バテ”
 実は、肌と髪にも夏バテが起こることをご存じですか?紫外線などのダメージを受け続け、回復が追いつかないと、日々のダメージが内部に蓄積し、その結果「夏バテ」として様々な不調が現れるのです。
夏バテ放置=老化へ一直線!
 夏の疲れを回復できないまま秋を迎えると、下記のように、肌と髪に様々な夏バテの症状が現れます。そのままにしていては、老化へ一直線!夏のうちに適切なケアを行い、ダメージを毎日リセットすることが重要です。

お肌&夏バテの原因

紫外線

夏に最も強くなる紫外線。短時間であってもかなりのダメージを肌と髪に与えます。意外と忘れがちなのが髪。帽子や日傘などの対策を。

汗をかいたままにすると、肌や頭皮にとって強い刺激物に変化。湿気で雑菌も繁殖しやすくなり、ニキビや炎症の原因となります。

冷房

冷房による乾燥にも要注意。エアコンや扇風機の風に直接当たることで、さらに皮膚の水分は奪われます。乾燥によって、肌のバリアー機能が低下、シワ、たるみの原因に。

生活の乱れ

暑いから、食欲がないから…と、あっさりしたメニューや冷たい物ばかり食べていませんか。体が冷えて代謝が下がってしまうばかりか、栄養の偏りによって肌や頭皮の調子にも悪影響を与えます。 また、睡眠不足も新陳代謝をにぶらせます。

冷え

1日中冷房の効いた部屋で過ごし、バスタイムはシャワーだけ…という生活は、体の冷えを引き起こします。血の巡りや代謝力が低下し、肌のくすみを引き起こすばかりか、毛根の栄養不足で抜け毛につながることも。

夏バテのお肌&髪はどんな状態?

夏のダメージを放置すると、日に日に疲れが蓄積されて夏バテへまっしぐら! 毎日のケアで、ダメージをこまめにブロック&リペアしましょう。

1日を乗り切るための万全ケア

まずは化粧水・美容液でたっぷり保水・保湿。さらに日焼け止めクリームなどの活用を。少量ずつ出して重ね塗りする方が、ムラなく塗ることができます。 外での活動が多い日には、髪をまとめて結う、帽子をかぶるといった髪の対策も忘れずに。

memo

“化粧水だけ”はキケンです。

「暑いからベタベタするのはイヤ」と、化粧水しか使わないのは危険!濡れた紙を乾かすとゴワゴワになるように、化粧水だけでは、肌がかえってカラカラに乾いてしまう恐れがあります。 化粧水で水分補給したら、夏こそしっかり乳液や美容液で「保湿」を!

ざるそばやそうめんだけといったメニューでは、肌や髪に必要な栄養素が不足します。野菜や肉類などをバランスよく食べるよう心がけましょう。またアイスクリームや冷たい飲料など、体の冷えにつながる食べ物もできるだけ避け、体を温めるものを選びます。

夏バテ撃退!オススメ食材

◯ビタミンB群
エネルギー代謝を上げるビタミンB群。豚肉やうなぎ、枝豆に含まれています。
◯酸っぱいもの
酢や梅干し、レモンなどの酸味は、新陳代謝によいといわれます。
イラスト
◯香辛料
ニンニク、唐辛子、ショウガ、シソは冷え対策や食欲増進に。カレーのスパイスも効果的です。
イラスト

冷えと赤外線をブロック

◎室内

冷房は冷やしすぎず、28℃を目安に(※)。肌や頭皮の乾燥を防ぐため、冷房を使う時は、風に直接当たらない、加湿器を利用するなどの工夫を。
※あくまでも目安です。外気温や室温、体調に合わせて無理のない温度設定に。

◎屋外

短い外出でも、紫外線対策はしっかりと。帽子、長袖の服、スカーフなどの着用、日焼け止めの塗り直しなどをお忘れなく。

汗をかいたら

多量の汗は皮膚トラブルの原因になるので、こまめに拭くように心がけて。ただし、全く汗をかかないのはNG。適度に汗をかくことで代謝がアップ、健康的な肌と頭皮を作ります。

シャワーだけでなく、湯船で芯から温まる

シャワーだけで済ませていると、体の代謝が落ちて、肌や頭皮の夏バテの一因に。1日に1回は温かい湯船につかって、じっくりと汗をかく習慣を。

シャンプー前に指の腹を使って頭皮をマッサージして、硬くなった頭の筋肉をほぐし、 血行を促しましょう。

◯らせん状に

親指以外の4本指を使い、指先を生え際から頭頂部に向け、らせん状に動かしてマッサージします。以下の順にそれぞれ3~4回。

  1. 1.額から
  2. 2.耳と頬の間から
  3. 3.うなじから
◯ジグザグに

4本指を髪の根元に差し込み、ジグザグに動かしてマッサージ。以下の順に3~4回。

  1. 1.額から頭頂部にかけて
  2. 2.サイド部分(頭頂部から耳の上にかけて)
  3. 3.頭頂部からうなじにかけて
memo

お風呂でできる「汗腺トレーニング」

汗腺の働きが弱いと、ベタベタの“質の悪い汗”をかきやすく、雑菌が繁殖する原因に! 肌のためには、いい汗をかくことも大切です。お風呂でできる汗腺トレーニングを紹介します。

※体調に合わせて、無理をしないように行ってください

夜

◎お風呂上がりのしっかりケア

お風呂上がりには、朝と同様に化粧水プラス、乳液、美容液までの肌ケアを。 髪は、ドライヤーで乾かす前に、オイルトリートメントを使うのがおすすめ。タオルドライ後に、ダメージ部分を中心に少量ずつ付けて。ドライヤーの熱から髪を守り、髪の傷みも補修してくれますよ。

◎たっぷり睡眠

夜10時~翌2時は、新陳代謝が活発になる「ゴールデンタイム」。その間に睡眠をとり、全身を休めることで、新しい肌、髪への生まれ変わりを助けます。

夏のお肌&髪のためのリバテープお助けアイテム

お得なキャンペーン中

お得なキャンペーン中

ご購入はこちら

ご購入はこちら

販売終了しました