救急絆創膏や消毒薬といった外用薬を中心に化粧品・医薬品の製造・販売のリバテープ製薬株式会社

スタッフ紹介:リバテープ製薬のスタッフをご紹介いたします

よりみち

体のニオイの原因は?

体臭は主に、汗や皮脂、垢に、雑菌が繁殖することで発生します。分泌されたばかりの汗や皮脂は、ほぼ無臭ですが、皮膚表面の雑菌によって分解・酸化され、いや~なニオイに。カラダのニオイは数百種類あるといわれ、脂漏性皮膚炎や糖尿病、腎機能の低下といった病気の隠れたサインの場合もあります。

家族を悩ますニオイその1:お兄ちゃんの汗のニオイ
代謝がよく、汗をかきやすい若い世代に多い「汗のニオイ」。20代をピークに年齢を重ねるごとに軽減します。汗は、かいてから約1時間でニオイに変わります。汗をかいたらすぐにぬれタオルで拭く、殺菌効果のある制汗剤を塗る…などを心掛けましょう。
家族を悩ますニオイその1:お父さんのミドル脂臭
「若いころと体臭が違う?」と感じたら、「ミドル脂臭」の始まりです。35歳~45歳の男性に多く見られ、主に後頭部付近から発生する、古いアブラのようなニオイがそれ。丁寧な洗髪や、首の後ろを重点的に洗うなどの対策を。
家族を悩ますニオイその1:お父さん、おじいちゃんの加齢臭
男性ホルモンの影響や、腸内細菌の変化などから起こる加齢臭。40代以降から増え、「ロウソク」「古い本」「青臭いチーズ」のようなニオイが特徴です。特に耳の後ろや頭皮がニオイを感じやすい場所です。枕のニオイが気になったら加齢臭かも? 

attention!

若いころから発生したり、急にニオイが強くなったら要注意!

加齢臭は、メタボ状態が進行している時にも現れます。30代から発生したり、急にニオイが強くなったと感じたときは、糖尿病などの生活習慣病の恐れがありますので、病院へ相談を。

その他にもこんなニオイ。。。

● 疲労臭
疲れで肝機能が低下した時に出る、ツンとしたアンモニア臭。ストレスも一因。
● ストレス臭
ストレスが原因で酸化されて発生する、脂っぽい臭い。緊張のしすぎや、自分のニオイの気にしすぎなどが主な原因。まじめな人ほど出やすいといわれます。
● ダイエット臭
極端な減量で栄養が不足すると、口臭や、果物が腐ったような体臭が。

加齢臭は男性だけ、と思われがちですが、実は、加齢臭が起こる仕組みは男女共通。女性は年齢を重ねるごとに女性ホルモンが減少し、かえって加齢臭が起こりやすいとされています。また、更年期障害で汗をかきやすくなり、汗臭さを感じることも。 他にも、女性特有のニオイとして、月経臭や、デリケートゾーンのニオイが挙げられます。これは雑菌の増殖が主な原因ですから、よく洗い、通気性のよい下着を身に付けて清潔に保ちましょう。

memo

ブーツのイラスト

冬はブーツも要注意!

秋冬に大活躍のブーツはニオイがこもりやすいもの。足をしっかり洗い、ツメを短くするなどの対策を。ブーツも中敷きをこまめに交換したり、フットスプレーなどを使うとニオイが改善します。

ニオイは防げる!?気になるニオイ改善ポイント

point1食生活を見直そう!
タンパク質や脂肪分のとりすぎは、ニオイの原因に。肉類、バター、チョコレートなど、動物性タンパク質、揚げ物など脂肪分が多い食品は控えましょう。過度の飲酒もNG! 代わりに腸内環境を整える緑黄色野菜、大豆製品、ヨーグルト、海草類、きのこ類などを多くとるように心掛けます。また、老化対策は加齢臭対策にもつながるため、ビタミンC、E、イソフラボン、カロテンといった老化防止によいといわれる抗酸化食品がおススメです。
point1食生活を見直そう!
運動不足になると汗腺の機能は低下して、汗の質も悪くなり、ニオイの原因に。エレベーターを使わない、少しの距離なら歩くなど、意識して行動すると◎。
point1食生活を見直そう!
意外と大きな要因となるのがストレス。ストレスが原因で起こる身体の様々な変調が、体や足のニオイにつながります。 ストレスがたまったと感じたら、ゆっくり休養や睡眠をとったり、好きなことをしたりする時間を持って。

memo

「気にしすぎ」は、ニオイをさらに強くする!?

自分のニオイを気にしすぎると、さらにニオイの原因となる活性酸素が発生し、ニオイが増加する悪循環に。あまりニオイを気にせず、おおらかな気持ちでいるのもポイントです。

お風呂で汗腺トレーニング

日ごろ汗をかかないとニオイの原因「ベタベタ汗」に…。お風呂での汗腺トレーニングで汗腺を鍛え、ニオイの少ないサラサラ汗に!

湯船の3分の1?半分程度を熱め(43~44度)のお湯で満たし、ひざ下とひじ先だけ10~15分ほどつけます。

湯船に水を足し、ぬるめ(36度くらい)にして、10~15分程度つかります。

軽く肌の表面をタオルで拭き、自然と汗が蒸発するのを待ちましょう。(寒い場合は無理せず早めに服を着てOK)

※参考図書 五味 常明(監) 「健康を科学する 40代からの気になる口臭・体臭・加齢臭」旬報社 2004年

お風呂でしっかりニオイを落とそう!

雑菌のエサとなる皮脂や垢を落とし、肌を清潔に保つことは、ニオイを防ぐための基本。石けんやボディソープをしっかりと泡だて、手や綿のタオルで泡を転がすように洗います。洗い残した泡には菌が繁殖しやすいため、洗い流しも丁寧に。 ニオイの原因となる頭皮の汚れを落とすために、洗髪も重要。シャンプーは地肌だけを洗い、リンスは毛先にだけつけます。カラダと同様、しっかり洗い流すようにしましょう。洗髪後、ぬれたままにしておくと雑菌が繁殖するため、ドライヤーで地肌までしっかりと乾かしましょう。

《しっかり洗う場所》

汗をかきやすい胸元や背中の肩甲骨の周り、またミドル脂臭や加齢臭の発生源となる首回りなどを重点的に!

attention!

ゴシゴシ洗いはNG

洗うときに強くこすったり、洗浄力の強いものを使うと、皮膚に必要な皮脂まで落としてしまいます。それを補おうと、皮脂が過剰分泌されるため、かえってニオイを引き起こしてしまいます。

リマーユシリーズからニオイを防ぎ、お肌の潤いを保つボディソープ、誕生!!

におわぬ家族のための新商品

「リマーユクリアボディウォッシュ」は、こんな商品です。

加齢臭の原因となるニオイ成分「ノネナール」は、皮脂成分の一つ「パルミトレイン酸」が酸化することで発生し、ほんのわずかな量でも、強いニオイを発してしまいます。そして、このニオイ成分は厄介なことに、水で流すだけでは、大きな消臭にはつながりません。
新商品「リマーユクリアボディウォッシュ」は、そんなニオイ成分に働きかけ、また、加齢臭を増加させる原因になる、活性酸素による「酸化(カラダのサビつき)」を防ぐよう〝抗酸化作用〟を持つ成分も配合されています。

「リマーユクリアボディウォッシュ」はこんな商品です

「リマーユクリアボディウォッシュ」の特長

リマーユクリアボディウォッシュ4,420円

おすすめポイント?こだわりの成分配合?