界面活性剤について



どうもこんにちは~(^o^)丿
前回のブログで暑いと言っておりましたが、



今週は・・・
なんさん寒い!!((;゚Д゚)) ガクガクブルブル



※「なんさん」とは熊本弁で「とても」「とにかく」「とりあえず」
などの意味で使われます(゜_゜>)スチャッ


さて、今週は前回の内容に引き続き
「界面活性剤」について書いていきます。



界面活性剤とは

防腐剤と同じくらい、配合を懸念されるのが界面活性剤です。

では、界面活性剤とは一体なんなのでしょうか。

そして、どういったときに必要となるのでしょうか。


8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s



■界面活性剤について



界面活性剤を簡単に説明すると、

〝本来なら混ざり合わない物資を、混ぜる〟

ものです。


分かりやすいもので言うと、水と油ですね。

では、界面活性剤はどんなものに必要とされるのでしょうか。

界面活性剤の持つ特徴から見ていきましょう。



【乳化・分散】

混ざり合わないものを混ぜる働きです。
化粧品でいうと乳液に使用されていることが多いです。



【保潤・浸透】

例えば葉っぱに水をふきかけると、水玉になり、水分は広がりませんが、
界面活性剤を入れることで、水の表面張力が弱まり全体に広げることができます。

この働きを活かして、農薬や塗料などにも使用されます。


【洗浄】
汚れた食器を、界面活性剤を溶かした水に入れると、
界面活性剤は食器と油汚れとの間に入り込み、油汚れを浮かせます。


浮いた油汚れは水中でその表面を界面活性剤で覆われてしまうため、
再び食器に付着することが出来なくなり、食器はきれいな状態に保たれ、洗浄されます。


これが界面活性剤の洗浄作用です。

シャンプーなどにも同様のことが言えます。



その他にも、柔軟性を与えたり、滑りを良くしたり、
帯電防止・防錆・殺菌、染め物の
〝染めムラ〟・色落ちを防ぐなどの働きもあります。


このように、界面活性剤は私たちの便利な生活に多く関わっています。



■界面活性剤の種類

界面活性剤と一言で言っても、その種類はさまざまです。

一番身近な界面活性剤は石けんですね。
石けんは〝天然の界面活性剤〟と言われていますが

〝人がつくりだしたもの〟

と考えると「天然」とは少し違ってくるのかもしれません。


成分表示のルールを交えながら、合成成分について案内してきました。


さまざまな技術が進歩していても、それが肌に合わなければ、
使えないし、天然成分にこだわっていても、
天然だから肌に合うというわけでもありません。


どの化粧品メーカーもそうですが、
わざと皮膚刺激などを引き起こさせる商品をつくることはありません。


大切なのは、合成成分を使っている使っていないかではなく、
販売している側が、正しい情報をきちんと伝え、それによって、


使い手が正しい情報を元に本当に肌に合ったものを選べているか、


のような気がします。



化粧品

化粧品の成分



みなさまこんにちは(*´﹀`*)
最近の熊本は、もう10月というのに
暑い日が続いております・・・(⦿_⦿)



ですが私ながひー・・・
風邪をこじらせてしまいました(-_-;)
みなさま体調管理にはお気を付け下さいませ_(._.)_


さて、化粧品を手にとって、よく見かけるのが
「無添加」、「防腐剤」、「界面活性剤」
これらの言葉、よく目にしますよね!


今回は、化粧品の成分についてご紹介していこうと思います☆



無添加の曖昧

オーガニック

「無添加化粧品」「無添加石けん」「無添加シャンプー」など、
無添加=天然・オーガニック・肌に優しいなどをイメージさせます。。。


消費者を安心させる「無添加」という魔法の言葉には、少し、からくりがあります。


以前は、化粧品などの成分表示は、
皮膚刺激の可能性が高い成分=「表示指定成分」の表示のみで、
表示指定成分に当てはまらない成分は表示義務がないとされていました。


つまり、表示指定成分を使っていない化粧品 が「無添加」と言われていただけで、
合成成分を使っていないということではなかったのです。


現在は、表示指定成分に限らず、全成分を表示させる義務があります。


そのため「無添加」という言葉を使うためには「パラベン無添加」や
「香料無添加」「着色料無添加」のように、
〝何が無添加〟
なのかをはっきりと分かるようにしなければなりません。


しかし、昔の名残や、企業側の戦略によりつくりだされた無添加のイメージが、
いまでもなお、定着しています。
「無添加」という言葉を見かけたら、イメージに流されるのではなく
〝何が無添加なのか〟
企業側が、きちんと表示義務を果たしているのかもチェックしてくださいね☆




合成成分を使う理由

00c8b0d0fb9909989744794b845ab411_s

一番の理由は、成分・製品を安定させることにあります。
どんなに、天然成分にこだわってつくった商品であっても、
早い段階で腐敗してしまっては、商品として販売することはできません。
(成分構成によっては、防腐剤が必要ないものもあります)


また、天然成分よりも使用感が良いものもあったり、費用を抑えることができるなどのメリットもあります。


合成成分といっても〝何を由来としているか〟は、さまざまです。
また、人の肌は季節や体調によっても、触れるものに対しての反応は変わってきます。
なるべくなら避けたい合成成分があるのも事実ですが、


合成成分だから絶対ダメ、
天然成分だから肌に優しくて当然


ということにはならないのです。




防腐剤の必要性

配合を嫌がられる代表的な合成成分が「防腐剤」です。
そして、防腐剤として有名なのが
〝パラベン〟。


パラベンは、以前、表示義務があった「表示指定成分」に含まれていたため、
認知度の高い防腐剤のひとつです。


表示指定成分であったことから、皮膚刺激を考えて、
配合を望まない方は多くいらっしゃいます。
しかし、商品として販売する以上、
すぐに使えなくなってしまうものを提供するわけにもいきません。


肌にとっては必要のない防腐剤。
商品によっては、必要となる防腐剤。


肌に優しい素材だけで商品を安定させるというのは、
化粧品メーカーにとって、永遠のテーマなのかもしれません。

8e53c3493d3864340705b34f6feb283a_s


次回は〝界面活性剤〟についてお届けさせていただきます(ɔ ˘⌣˘)˘⌣˘ c)