洗顔は必要?不必要?

洗顔は必要。。。?

○×


まず、必要か不要かで言うなら、「必要」です。

でも、たまに、水や、ぬるま湯で洗う程度で充分
と言われる方もいらっしゃいますよね。

これは、間違った考えではないですが
〝肌質や時と場合による〟と付け加えたほうが、より正確です。

まず、顔を洗うのに〝洗顔料は必要ない〟
とする説に共通しているのは、
【洗顔】の最大の弱点である
〝肌に必要な潤いや皮脂まで落としすぎる〟
という点があげられます。


一方、洗顔料を使用した〝しっかり洗顔〟を推奨する説に共通しているのは、
〝毛穴に汚れが溜まったままにしておいてはダメ〟
だとか〝お肌の新陳代謝を鈍らせる〟などがあります。


どちらの説も正しく間違いではありませんが、
例えば、肌が弱く乾燥しがちな人が〝しっかり洗顔〟
を続けると、お肌はますます乾燥し、それを補おうと
過剰に皮脂を分泌するなどのトラブルにつながりかねません。

またその逆で、しっかり化粧をしている時に、
化粧残りするような軽い洗顔は、さまざまな肌トラブルにつながります。

多くの方が、洗顔は、朝と夜に1回ずつ行うと思うので、
朝と夜では洗顔方法を変えたり、
洗顔後の乾燥具合によって洗顔料を使い分けるなど
〝時と場合洗顔〟が一番良いように思います。


肌質別、洗顔のススメ

【乾燥肌・敏感肌】

洗浄力が強すぎる洗顔料はなるべく避けたほうが良いでしょう。
〝石けん〟は、肌に優しいですが、意外と脱脂力が強いです。
乾燥肌の方で「石けん」を使う場合は、
石けん選びも重要なポイントになります。

朝:洗顔料を使わずにぬるま湯で洗い、なるべく短時間で終わらせましょう。

夜:洗顔料を使いますが、皮膚が薄く乾燥しやすい目元や口元は最後に優しく洗います。
なるべく短時間ですませます。

朝も夜も、洗顔後すぐに保湿を行いましょう。


【脂性肌・混合肌】

混合肌の方は特に〝どの部分が脂っぽくなっているか〟を見極めるのが大切です。

朝:洗顔料を使用しても良いですが、Tゾーンを中心に洗い、
あまり脂っぽさが気にならない場所は水(ぬるま湯)洗いだけでも充分です。

夜:蒸しタオルで毛穴を開かせた後、通常の洗顔を行います。
たっぷりの泡で、肌をこすらないよう優しく洗いあげましょう。

石けん系アミノ酸系

せっけん

【石けん系洗浄剤】

肌にも環境にも優しい石けんですが、脱脂力が強いため、
乾燥肌の方にはあまり向きません。
脂汚れに強く、さっぱりとした仕上がり感になります。

お肌が弱酸性であるのに対し、石けんは〝アルカリ性〟ですが肌は自らの力で、
また、弱酸性に戻っていくので大きな心配はないようです。
但し、敏感肌の方は弱酸性の洗顔料のほうが良いかもしれません。


【アミノ酸系洗浄剤】

穏やかな洗浄力ですが、肌を乾燥させにくく、なめらかに洗い上げます。
しつこい脂汚れは落ちにくかったり、石けんよりもさっぱり感に欠けますが、
乾燥肌や敏感肌の方にはおススメです。
お肌のpHに近い、弱酸性であることが多いです。



咲水で潤い洗顔♪

〝洗顔〟というと、さっぱり感やツルツル感、すべすべ感などやはり
【爽快感】を求められ事が多いですよね。
しかし、お肌に必要な〝潤い成分〟は、
洗顔料を使わずに水で洗い流しているだけでも失われていきます。

そう考えたとき、〝洗顔〟に爽快感だけを求めるのは
本当に正しいことなのかと疑問を抱き、
肌に優しく、潤いが残る洗顔料はできないか…
と、開発されたのが、新商品「咲水スキンケア洗顔料」です。

咲水シリーズではお馴染みの〝水前寺海苔〟〝阿蘇の天然水〟に加え、
ヒアルロン酸よりも保湿力が高いとされる〝シロキクラゲエキス〟や、
お肌を整えてくれる〝ローズマリー葉エキス〟なども配合しました。

また、洗浄剤には、不要な汚れは落とし、潤いは残るよう、アミノ酸系のものを選びました。

これなら、毎日の洗顔に使えますね♪

〝咲水洗顔〟

ぜひお試しあれ。

タオルと花

コメントをどうぞ